エクオールは、PMS(月経前症候群)でお悩みの女性におすすめです

PMS(月経前症候群)で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
症状に合わせて一時的に市販薬を利用しているという方もいるかもしれませんが、できることなら薬を使わずにPMSをどうにかしていきたいものですよね。
薬を使いたくない、根本的にPMSを改善していきたいという方におすすめなのが小林製薬のエクオールです。

「命の母」の小林製薬が、不調に悩む女性を応援!

PMS(月経前症候群)の症状で悩んでいる方は多い!

PMSの症状がつらいと、「なんで私だけ・・・」と思ってしまうこともありますよね。
ですが、PMSの症状で悩んでいる方というのは思っている以上に多いのです。
自分だけではないとわかれば、それだけでも少し気が楽になるかもしれませんね。

もともとPMSの症状というのは、人によってさまざまだと言われています。
なんとその症状は200種類以上だと言われていますので、ひとりひとり症状が違って当たり前なのです。

PMSでは心と体の両方に症状が出てくるのですが、それぞれで代表的な症状についてご紹介していきたいと思います。
・心に出てくる症状
イライラする、泣きたくなる、怒りっぽくなる、ぼーっとする、情緒不安定になる、憂鬱な気持ちになる、落ち着かない、周りの人に八つ当たりをしてしまう、集中できない、思い詰めてしまうといったものが挙げられます。

すでにいくつも当てはまるという方も多いかもしれませんね。

・体に出てくる症状
体に出てくる症状としては、おっぱいの張りや痛み、肌荒れやニキビ、体重の増加、お腹の張り、眠気や不眠、疲労感やだるさ、頭痛や頭の重さ、腰痛、むくみ、のぼせといったものが挙げられます。

心の症状と合わせて、こちらも当てはまるものがたくさんあるという方も多いのではないでしょうか。

そもそもなぜPMS(月経前症候群)になってしまうの?

そもそもなぜPMSになってしまうのでしょうか。
実は、その原因というのはいまだにハッキリしていません。

ただ、PMSには女性ホルモンが関係していると言われています。
生理前にはそれでなくともホルモンバランスが乱れやすいのです。
つまり、乱れた女性ホルモンのバランスを整えることがPMSの改善にもつながってくるということですね。

・女性ホルモンと似た働きをしてくれるエクオール
エクオールという成分について見聞きしたことのある方も多いのではないでしょうか。
最近、特に取り上げられていますよね。

大豆に含まれているイソフラボンが女性にいいということで、積極的に摂取している方も多いかと思うのですが、最近になってこの大豆イソフラボンが腸内細菌によってエクオールという成分に変換されることがわかりました。
このエクオールが女性ホルモンと似たような働きをしてくれるわけですね。

ただ、エクオールを体内で作り出すことができるのは日本人のふたりにひとりという割合だと言われています。
つまり、一生懸命にイソフラボンを摂取しても変化を感じられない方が多いのです。

エクオールを直接摂取してPMSで悩まない日々を

先では女性ホルモンと似た働きをしてくれるエクオールを体内で作り出すことができるのは、ふたりにひとりだという話をしました。

ガックリと来ている方もいるかもしれませんが、そう気を落とす必要はありません。
というのも、答えはシンプルです。

体の中で作り出せない可能性があるなら、エクオールそのものをそのまま摂取すればいいのです。
体の中で作り出すことができなくても、直接摂取すればエクオールが体の中でしっかりと働いてくれますよね。

エクオールについては最近注目されていますので、サプリメントなども多く出ています。
エクオールを直接摂取するようになった方の口コミなども結構見られるのですが、PMSにおいて一定の効果を実感している方も少なくありません。

これまでPMSに限らず、女性ホルモンのためにイソフラボンを積極的に摂取してきたという方も多いでしょう。
ですが、それで変化を感じられなかった方もかなり多いと思います。
そういう方こそ、エクオールに切り替えるべきといえるかもしれませんね。

エクオールは薬ではありません。
本来であれば体の中で作られる成分なのですから、安心して摂取することができますよね。
これまでイソフラボンの摂取のために大して好きでもない大豆製品を無理して生活に取り入れていたという方もいるかと思いますが、エクオールを直接摂取すればもう無理をして大豆製品を取り入れる必要はありません。

エクオールを直接摂取して、PMS(月経前症候群)も含めて悩まない日々を手に入れましょう。

「命の母」の小林製薬が、不調に悩む女性を応援!

ビロゴン