長谷川まりこ 生理痛 子宮筋腫

長谷川まりこ 生理痛・子宮筋腫改善 自宅で女性特有の病を改善する方法

子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫など、辛い婦人科系疾患に悩まされる女性が後をたちません。
病気が原因で子宮や卵巣など女性にとって大切な機能を失ってしまい、子供を諦め悲しい思いをされた方も多いと聞きます。

そんな悲惨な人生を辿る女性が一人でもいなくなるよう、私は「子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫や子宮線筋症を自宅で改善する魔法の方法」をおすすめしたいと思います。


魔法の方法を今すぐ確認してみる



著者の長谷川まりこさんは彼女自身中学生の頃から生理痛がひどく、自分の体質をうらんでばかりいたそうです。
しかし、ある産婦人科の先生と出会ったことが好転の始まりで、先生から得た多くのアドバイスを実行し生理痛が治まったそうです。
このアドバイスをまとめこのノウハウを公開されました。

この方法は、ホルモンレベルを正常に保ち体の免疫力を改善するために、食事や生活習慣の改善をすすめるものです。
教材には、婦人科では決して教わることのできない、自宅で女性特有の病を解消する方法が、わかりやすく解説されています。

間違った食生活や、これまでの生活習慣を見直し、あなたが婦人科系疾患と診断された原因を究明します。
そして、正しい知識や生活習慣を学んで辛い症状を自力で改善していくのです。

こうすることにより、莫大な治療費や薬物療法による副作用から徐々に解放され、普通の女性と何ら変わりない、健康体と幸せな生活を手に入れることができます。

もちろん、医師から難しいと言われてきた自然妊娠も夢ではありません。
体験者の中には、健康体を手に入れただけでなく、子宝に恵まれた方も大勢いらっしゃるのです。
このノウハウ公開前に50人の方にモニターして貰った結果、46人の方に著しい効果がみられました。

このノウハウはとても良い方法なので紹介させていただきました。
この魔法の方法で、一人でも多くの女性が幸せな人生を送っていけるよう、私は祈っています。

このページで一部ノウハウが公開されています。

これだけは避けたい!生理痛を悪化させる食べ物

生理だけでも女性にとっては面倒なことなのですが、それに加えて生理痛があるという方も多いのではないでしょうか。
「生理痛は子宮の問題だからしょうがない」と諦めている方もいるかもしれませんが、もしかしたらその生理痛は自分の食生活が招いているものかもしれません。
ここでは、生理痛を悪化させる食べ物についてご紹介していきましょう。
基本的に、身体を冷やす、栄養に偏りがある、血の巡りが悪くなる、ホルモンバランスを崩す食べ物です。

■乳製品

朝のヨーグルトや牛乳、おやつにはクリームたっぷりのケーキといった具合に、乳製品というのは女性の毎日に密着したものです。

特に女性は便秘で悩んでいる方も多いでしょうから、ヨーグルトはお腹のために毎日摂取しているという方もいることでしょう。

しかしながら、これらの乳製品にはアラキドン酸というものが含まれています。
これによって子宮筋収縮の作用を持つ物質が刺激され、生理痛が悪化するといわれているのです。

また、乳製品はエストロゲンを増やすとも言われており、これによってホルモンバランスを崩してしますこともあります。

生理痛に加えて生理中の頭痛などに悩まされている方も多いでしょうが、乳製品にはチラミンという成分が含まれており、これが頭痛を誘発するといわれています。

乳製品は生理痛だけではなく、生理期間中の頭痛にもよくないのです。
生理中はこれらの食べ物を避けるか食事量を減らしましょう。

■カフェインを含む食べ物・飲み物

カフェインは血管を収縮させてしまいますので、結果的に体を冷やしてしまいます。
これによって生理痛が悪化することになりますので、カフェインを含む食べ物や飲み物は控えるようにしましょう。

多くの方に愛されるチョコレート、コーヒー、紅茶、緑茶などがカフェインを含んでいます。
特に、コーヒーや緑茶というのは毎日飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。

非常に身近なものですし、ついつい食べたくなる、飲みたくなるものばかりですが、生理痛を悪化させてしまいますので生理中は控えましょう。

乳製品と同じで生理期間中の頭痛も誘発させてしまうかもしれませんので、カフェインを含む食べ物や飲み物は極力控えるようにしたいものです。

■冷たい食べ物や飲み物

アイスクリームやジュースといった冷たい食べ物や飲み物も生理痛を悪化させてしまいます。
というのも、非常に単純な話で冷たい食べ物や飲み物を摂取することによって体が冷えてしまうのです。

「冷えは万病のもと」と言われるように、冷えというのは体にとっていいものではありません。
実際に、冷えることによって血流が悪くなってしまい、生理痛が悪化してしまうのです。

生理痛は冷えると悪化し、温めると緩和するものなのです。

夏場は気温は高いものの、冷たい食べ物や冷たい飲み物の摂取が増えてしまいます。
まったく食べてはいけないというわけではないのですが、できる限り摂取を控えていきたいものです。

冷たいものを食べるときには温かい飲みものを用意する、冷たいものを飲むときには大量に飲まないようにするといったことを心がけていきましょう。

■ジャンクフード

手軽に食べられる上においしいということで、ジャンクフードを好んでいる方も多いのではないでしょうか。
ジャンクフードは体にとってよくないというのはこれまでもさまざまなところで言われてきたことなのですが、このジャンクフードも生理痛を悪化させてしまいます。

というのも、ジャンクフードにはたくさんの脂肪分と食品添加物が加えられているものです。
脂肪分や食品添加物を摂取しすぎてしまうと、血液がドロドロになってしまいます。

血液がドロドロになると流れが悪くなりますので、血流の悪化から生理痛の悪化へとつながっていくのです。

時々食べるくらいならいいでしょうが、日常的に摂取するのは好ましくありません。
生理期間中は身体がだるくてジャンクフードに手を出してしまいたくなるかもしれませんが、生理痛が悪化してしまう可能性もありますので、生理期間中はできるだけ避けるようにしておきたいものです。

■スイーツ

女性にとってスイーツというのはもはやソウルフードといっても過言ではありません。
しかしながら、残念なことにスイーツも生理痛を悪化させてしまうのです。

というのも、スイーツの多くには白砂糖、上白糖が使われています。
これによって血行が悪くなり、体を冷やしてしまうのです。

ビタミンやミネラルといって大切な栄養素の吸収率を低下させてしまうこともありますので、それによってホルモンバランスが崩れてしまうこともあります。

つらいときだからこそ食べたくなるスイーツですが、生理期間中は控えておきましょう。
もし甘いものが食べたくなったときには、黒糖やはちみつなどを使ったスイーツを食べるか、フルーツを食べるようにしましょう。


生理痛を悪化させないためにも、特に生理期間中の食生活には気を付けていきたいものです。
少しでも快適に過ごせるよう、食生活を見直していきましょう。

コーヒーを緑茶に変えただけで(緑茶の方がカフェイン量が少ない)生理痛が緩和された方もいますので、代わりの食べ物にするとか、量を少なくするなどの工夫も必要だと思います。


辛い生理痛を緩和する方法

長谷川まりこさんの魔法の方法で本当に良くなりました!

子供の頃から生理痛がひどく、特に高校生になってからは生理が始まって2〜3日の間は、鎮痛剤無しでは日常生活が送れない状態でした。

母に相談しても「そんなものだよ」と言われながら歳を重ねるにつれ、最近では更に症状も重くなり、医師の診察を受けることもありました。

5年前に子宮筋腫が偶然見つかり、先生からは将来的に筋腫が大きくなるならと手術を勧められましたが、できれば手術を受けるのは避けたかったので、神に祈る思いでこの魔法の方法を始めました。


魔法の方法を今すぐ確認してみる



すると次の生理が訪れた際にすぐに変化を実感したのです。
まず生理痛が嘘のように軽くなり、出血量も以前より少なくなりました。

そして約4ヶ月を経った頃、掛かりつけの病院でエコーの検査を受けた際に子宮筋腫がかなり改善されていました。
これには私以上に主治医の先生がびっくりしていました。

いずれは手術を受けなくてはならなくなる時がやって来ると過ごしていた不安な日々が、まるで初めから無かったかの様な気持ちです。
本当に良い方法に巡り会いました。

このページで一部ノウハウが公開されています。


 

サイトマップ

久保田式 多汗症改善7日プログラム伊藤潤一 口臭消滅前田和久 アイアップ宮島賢也 自己メンタルセラピー田中謹也 子供の視力回復茶谷清志 睡眠革命
ビロゴン